2004年8月28日(NAGOYA YWCAホール)

何かと練習不足のまま本番になっていた今までの反省から、今までで一番練習期間を多く割いて挑んだステージでした。練習の甲斐あって、ボリビア小町の良さが存分に発揮できたステージであったとと思います。

ただ、出演予定だった一名が「おめでた」のため、練習に参加したものの結局本番に出られなかったのが残念でした。

You Tube動画は、「20040828 ボリビア小町」で検索!


開催概要


セットリスト

第一ステージ

  1. Tihunacu(ティワナク)
  2. Pandinita (パンドの娘)
  3. 太陽の乙女達
  4. クエッカのメドレー (パロミタイ、チャパコソイ、わが祖国ボリビア)
  5. 哀愁のトレンチコート ※
  6. Aues Ojos Grises(灰色の瞳)
  7. Mama India(ママインディア) 
  8. No Pisen mi Coca (私のコカを踏まないで)
  9. Coca y Cafe (コーヒーとコカ)

第二ステージ

  1. Let's Go Safari 
  2. El Condor Pasa (コンドルは飛んでゆく)
  3. Debajo de la Enrramada (木陰にて)
  4. Micionera(ミシオネラ)
  5. Canción del Poder Popular(民衆の力)
  6. 幻惑のT-time ※
  7. Charla del Jirlakata(チャルラデルヒラカタ)
  8. Carnavalingo(カルナバリンゴ)
  9. Crus Roma(クルスローマ)

アンコール

  1. 漢(おとこ)のTINKU ※
  2. El Humahuaqueno (花祭り)

※印はボリビア小町オリジナル楽曲(Jフォルク)